読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その跳ねた髪の毛の彼女へ。

私と2011年9月16日に生まれた娘さんとの生活を徒然と。

どっちも大事って駄目なこと?

雑記

「諦めちゃうんだ、嘘つき。」

最近、テレビで見かける宝くじの子育て支援のCMを見ていてなんかとっても複雑な気持ちになるかがみですこんばんは。
加藤あい CM 宝くじ 「子育て支援 夢」篇 - YouTube
CMの内容としては、宝くじの収益は保育園を増やしたりするのにも使われているんですよって言う事を言っているって言うのはわかるんですが、どうにもそのCMの内容にもやもやしてしまうという・・・。
なんか一回見ただけだと、子育てよりも仕事や夢の方が大事!って言われている気がして・・・なんだろう、あの昔の自分のあの言い方がどうにも好きじゃないです。
世の中では子供がいるという事=夢を諦めるみたいな構図が出来上がっているんだろうなあって考えてしまいました。

実際、私も結婚前から自分の夢というかやりたい事を本格的に開始して、それが楽しくなってきた時に結婚妊娠出産を立て続けに迎えたので、実際周りの人にも「今やっている事はどうするの?」って何回か聞かれたりして、私も「どうしましょうかー?」なんて言ってたんですが。
でも実際、出産後も以前どおりに活動は続けております。
確かにペースは変わったかもしれないけれども、辞めたいとか諦めるみたいな選択肢は出てきませんでした。
だから余計にCMの「諦めちゃうんだ」っていう単語に過剰反応したというか・・・。
そもそも子育てと自分の夢を同列に並べること自体可笑しい気がします。
子育ても自分の夢も大事で、ただ今優先してやるべきことが子育てだっていうだけの話なんじゃないかなって思うんですが・・・どうなんだろう。
そしてそこから保育園の話にまで持っていくって言うのもなんか違うかなーってちょっと思ったりもしています。
なんか保育園とかそういうことよりも、『子育てしながらでも自分の夢は叶えられる』っていう意識を持ってもらう方が大事なんじゃないかなとちょっと感じたのでした。

あのCMがお好きな人は本当申し訳ないです・・・あくまで個人的感想です。