読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その跳ねた髪の毛の彼女へ。

私と2011年9月16日に生まれた娘さんとの生活を徒然と。

信じあえない二人

あの時は信じていたと思ってたのに。
結局は信じていたのではなくて、ガラスに一度ひびが入ってしまったら脆くなるみたいに一気に壊れるのをどこかで待っていたのかもしれないと思うと、こうなるものだったのかなあと今更ながらに思わないでもない。
結局最後はああだったけれど、それまでの事を色々思い出しても結局私がイライラしているのを無理やり飲み込んでやりすごしてたのを見て見ないふりしてたんだろうなあ。
それでも感謝はしていて、いい思い出だってあるけども、それでもこれ以上付き合うのは正直厳しいと思ってしまうんだよなあ。
自分で天然なのっていう前にさ、少しは自分の発言を顧みてほしいって思うのは難しいことなのだろうか。
ああ、それができないから天然なのね多分。
そう考えると天然って便利な言葉。