読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その跳ねた髪の毛の彼女へ。

私と2011年9月16日に生まれた娘さんとの生活を徒然と。

白いページがふえてゆくたび思う

なんか集中力とかそういうのがどんどん無くなっている気がします、いや元々そんなにある方じゃなかったけど!
好きな事にしか集中力は発揮しない、物凄く偏った集中力の発揮の仕方をするので・・・駄目ですね≧(´▽`)≦
とか言いながらも、昨日言ってた『歌詞バトン』が完成したのでこっちにも掲載。
mixiにも掲載したけれど、こっちの方が内容的には合っていると思うんだ・・・!
恐ろしく長いです、読むの頑張って!(笑)

歌詞バトン

ルール
質問やお題に対して自分の好きな曲の歌詞で答えて下さい。
曲は一曲でも複数でもOK!
必ず題名、アーティスト名をお願いします。


★愛する人に贈る曲

『欲しいのは あなただけなの 他に何も要らない 
抱きしめて キスして ギュッと 飽きるほど愛して お願い』
(小松未歩:『sickness』)


『10年先も変わらずに 君とね いたいな
流れ落ちる水のように 愛を交わせるように
どうぞ傍で・・・この願い届け』
(小松未歩:『雨が降る度に』)


こんな事言える女の子になりたいです、ってか言ってみたいなーと本気で思う。
好きな人に対して素直になれることは良い事だと思うのよー。


★友人に贈る曲


『揺れる日射しと君の笑顔に会う 例えばそんな事の為僕は生きている』
(GARNET CROW:『今宵エデンの片隅で』)


友人に贈ると言うよりも、私の中での友達の存在ってこういうスタンスかなあという事でセレクト。
やっぱり自分が好きな人にはずっと笑っていて欲しいって事ですね・・・友達も恋人も家族も。それだけの理由の為に自分が生きていてもいいんじゃないかなってふと思って。

 
★昔の恋人に贈る曲


『その次の角で待っていて かならず迎えに行くとあなたに
わざとおどけて笑った 私を許さなくていい』
(小松未歩:『Last Letter』)
私を許さなくていいというのがね・・・(^^;まさにその言葉があってるかなあと思って。
今から考えたら酷いことをしたような気もしますがまあおあいこって事にしておいて欲しい気持ちで一杯です(ぇ


★自分自身に贈る曲


『僕は僕の為に生きていきたいよ こんな世界すら愛してみたいよ
喜びを喜びと捉える事出来ないままで 僕達はどれ程に自分を悲観した』
(上原あずみ:『人生ゲーム』)
何気にこの曲好きなんですよ、前向きなのか後ろ向きなのか分からない曲(笑)
今知ったのですが、この曲未発表曲だったんですね・・・知らなかった。


★今一番行きたい土地に着いた時に聴きたい曲


『僕ら今ここに並んでいるね それは確かな二人の世界
まるで今日生まれたみたいな気分
夢を渡す火が灯るよう 世界の果てに思いめぐる・・・』
(GARNET CROW:『ブルーの森で』)


今一番行きたい土地というのが具体的にイメージできないのはどうなのよ私(うわあ)
誰かと一緒になら行きたいかも知れないけど、でもそれは別にどこでもいいのですよ。
だから『二人の世界』という単語に引かれたのかもしれないよ?


★夜空を見ながら聴きたい曲


『BABY 星月夜に
揺れて浮かぶ 水面のヒカリ万華鏡
悪戯に隠された 月覆う
燃える 流星のダンス 'cause love you』
(滴草由実:『星月夜〜angel vs devil version〜』)


なんかタイトルからしてキラキラしてて良いじゃないですかこの曲(笑)
凄く綺麗な歌詞だと思うんですが・・・どうでしょう?


★エロエロな気分な時に聴きたい曲


『固く抱き合い 燃える指に髪を
からませながら いとしみながら
くちづけを交わすの 愛こそ燃える火よ
あたしを燃やす火 心溶かす恋よ』
(Les MAUVAIS GARCONNES:『愛の賛歌』)


原曲はエディット・ピアフ。シャンソンですが、こっちはハードロックでカヴァーされた曲なのですが、こっちもエロっぽくていいかなあと。
倖田來未とかチョイスしても良かったんだろうけど、ありきたりなのは面白くないかなあと思ってねw


★車でぶっ飛ばしたい時に聴きたい曲


『僕らだけの未来
きらきらと見える気がした このまま
水平線に届くまで 君と走りたい
心の中 支えてる
思い出よりも あふれる
あすに突き動かされて 今は揺れたい never end』
(GARNET CROW:『僕らだけの未来』)


テンポとか曲の雰囲気とかで車飛ばして聴いたら気持ち良いだろうなあと思って。
結構選ぶのに苦労した・・・orz


★片思いの時に聴きたい曲


『友達と言う名の境界線を越えられないまま
過ごす夜に 終わりを告げたいから』
(滴草由実:『眠れぬ少女』)


これはねー・・・もう何も言わないから曲を是非聴いてほしい!!!
物凄く切ないから!オススメ!!!


★失恋した時に聴きたい曲


『悲しみを残したままでもまた
気がつけば違うバショに立っているから
忘れ方より愛し方を教えて欲しい<矛盾した繰り返し>』
(GARNET CROW:『Holding you,and swinging』


結局失恋してもすぐに気持ちは消えるものでも無くて、忘れるよりもそれでも好きでいたいっていう事なのかなあ?
今ならその気持ちが物凄く良く分かるのでこれにしようかなあと思いセレクト。
嗚呼本当に『<矛盾した繰り返し>』だよなーと。報われるかどうかも判らないのに。


★遠距離恋愛の時に聴きたい曲


『この街で君と暮らしたい
ずっと守り続けるよ 僕は僕らしく
理屈では語れないけれど 見えない心の中ほどいて
伝えたい この愛を』
(小松未歩:『この街で君と暮らしたい』)


最初聴いた時は同棲した時に聴くのがいいかなあとも思ったりしたのですが、良く聴くとこれって遠距離恋愛真っ最中の男性視点で聴くと中々良いなあと言う事に最近気が付きました(笑)


★誕生日に贈る曲


『Dream'in Love どんな夢も叶うよ
どんな笑顔も選べる 空に浮かべ
Dream'in Love 今夜 生まれ変わるよ
Tシャツの中は 鋭く尖るナイフ Super Girl』
(小松未歩:『Dream'in Love』)


誕生日にどんな曲を皆贈るんだろう・・・贈った事が無いので分かりませんが、女の子にだったらこの曲おくってみたいかもしれない。
かなりパンチの聴いた曲で好きだったり。


★旅に出たいときに聴きたい曲


『あした帰る と書き置き
待つ人もないドア閉じた
慣れたこの街を抜け出たら 鍵は捨ててしまおう』
(GARNET CROW:『風の音だけをきいて』)


旅に出ると言うよりは家出とか失踪とか駆け落ちとかそういうのを連想させるような気もしますが、まあこれはこれでアリかなあとw
歌詞からいくともう帰って来ないという意思はハッキリしてるよね、鍵捨ててるし!(笑)
★朝聴くと元気の出る曲


『ワープして 覗きたい 20世紀の結末を
女神が微笑むなら 身構えない
降りそそぐ日差しに 夢を全部 賭けた
ちょっとさえない ハート着替えて 叶えたい
今日を 独り占めしたい』
(小松未歩:『チャンス』)


なんでこの曲かといいますと、『めざましテレビ』の主題歌だった時の印象が物凄く強い体と思うんですがw
でも物凄く爽やかで、清々しく朝を迎える事が出来ますw


★春に聴きたい曲


『巡り来る春に 旅立つ足音
花の灯に見送られて
何かを大切に想える気持ちが
いつまでも続くよう 瞳閉じた』
(GARNET CROW:『巡り来る春に』)


春って私の中のイメージは別れのイメージとかいうなんともマイナスなイメージなのですが、それでもこういう風に想われる人というのに出会ってみたいなあと思ったりする訳で・・・何処かにいないかな(笑)


★桜を見て聴きたい曲


『花の雨が降るこの道は変わらず 腕を絡めて歩きたいな』
(GARNET CROW:『夢みたあとで』)


桜と言われたら、条件反射でこれが出てきます(笑)『花の雨が降る』って表現が好き。


★雨の季節に聴きたい曲


『音も立てないように降りしきる雨が いっそどしゃ降りならいいのに
恋や選んだモノの不安の雨にも 少し慣れたつもりでいました』
(the★tambourines:『everything is nothing』)


雨モチーフの歌って結構好きなの多いのですが、実はこの曲もお気に入りだったり。
失恋の歌なんだろうけど、聴いてたら気持ち的に明るくなれます。


★夏に聴きたい曲


『夏の幻 想うだけで胸が熱くなれた奇跡の途中
願うだけじゃ届かぬくらい こぼれ落ちそうな気持ち抱いた』
(GARNET CROW:『夏の幻』)


これもなんかもう反射的にチョイス(笑)爽快感がたまらなく好き。
そしてタンバリン持って歌ってる中村由利さんがもっと好き!(笑)


★秋に聴きたい曲


『まるで異国の知らない場所へ来たみたい
懐かしいこの街の匂い 記憶
洪水みたいに溢れてくる五感(きもち)が
あった事思い出す 夕波の音』
(GARNET CROW:『永久を駆け抜ける一瞬の僕ら』)


秋を連想させる言葉は入っていなかったりしますが、メロディーが秋っぽくて好きだったり。
秋の曲って中々無い様な気すらしてきた・・・なんでだろ?


★冬に聴きたい曲


『この冬の白さに 抱かれていたいよ 人はうつろうものだから
何も見えぬように 今ここでねえ 凍えさせてよ
la-la-この町の冬 その白さの中 大切な人 とどめたい
春を願う人々 とけだしてゆく 白い世界よ』
(GARNET CROW:『この冬の白さに』)


もう雪がガンガン降ってる時に聴くと、物凄く合いますこの曲。
雪が降ってるときはそとにいるのが好きです、声が響かなくてなんか閉じ込められて様に感じるあの空間が好きだったり・・・。


★元気が欲しい時に聴きたい曲


『煙りをあげて飛び出した
二人のロケット宙を舞うよ
悲しみなんて地上に残し
ゆらゆら揺れて彷徨うよ for we
I can't read』
(GARNET CROW:『二人のロケット』)


GARNET CROWのプレミアムライブでテーマ曲に使われてから、この曲を聴くとなんか異様に興奮するんですww
歌詞自体も明るくて可愛い感じなのですよ〜vv


★卒業の時に聴きたい曲


『卒業証書を抱いて あなたは駆けて行く
さよならさえ わたし 言えない
記憶の鼓動が響く
逢いたくて伝えたくて ここまできたけど
もうわたしは 制服じゃない
せつない片思い』
(桂川千絵:『夢からさめない』)


マニアックな選曲万歳(笑)でも好きなんです私・・・歌手の方というよりは作詞の白倉由美さんが物凄く好きなのですよ!
物凄く乙女チックでいいかなあと・・・制服じゃないっていい言葉だと思うようん。


★結婚式で贈る曲


『でもこの愛は 天も裁けない
傷つき立ち上がった この強い愛だけは
笑いたいなら 笑うがいいさ
だけど誰より幸せな 私が此処に居る
在り来たりじゃ足りない 込み上げる思い 届け』
(小松未歩:『Holiding,Holding on』)


こんなに幸せな気分になれる結婚がしてみたいです(笑)
というか、自分の結婚式でこの曲かけたいとか言ってみる・・・ある意味ドリーム。


★夢を失いかけたときに聴きたい曲
『戻せぬ時間を瞬きのスピードで写したら 
限界なんて そこにはなかった
気の合う友と語り合い この傷を癒せても
自分に課した目標は掴み取らなきゃ』
(小松未歩:『As』)


言ってる事は物凄くシンプルだけど、物凄く頷ける歌詞だなあと思っていたり。
結局夢や希望は誰かが持って来てくれる物ではなくて、自分で掴むものだと思いますし。


★回す人
やってみたい方是非★

やってみて正直大変だった!
最初yahooのメモパッド使って回答作っていたんだけど、文字数の制限で色々面倒になったので結局メモ帳使って完成させました。
CDのブックレットとか、うたまっぷなんかの歌詞サイトとかぐるぐる回って完成させたー・・・なんか歌詞を書きとめたメモとかもPCの回りに大量にありますよ・・・まあコピー用紙の散乱なんていつもの事ですがww
下書きとか鉛筆書きの絵とかはコピー用紙に全部書きますからね・・・コストパフォーマンス良いし、書きやすいし。
家に居たら、思っていたことも全て忘れてる・・・思いついた時にすぐ更新できるようにしなきゃ。